スマホで読む、銀の鬼のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は3分で読めます

snapcrab_noname_2016-10-4_10-32-43_no-00

 

こんにちは!

今回紹介するのは

銀の鬼 です。

 

全力コミックに掲載されていた

茶木ひろみさんの作品です。

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

 

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

銀の鬼

 

 

銀の鬼 のあらすじ

おまえが大きくなったら必ずむかえに

いくぞ――

夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人を

さらって殺して食べる姿を見てしまう。

鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、

担任である島影十年(しまかげとね)に

淡い恋心を抱き、

長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。

すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…

千年の孤独と過去を抱える鬼と、

少女と猫の不思議な絆を描く、

禁断の恋愛ファンタジー!

その後のお話へと繋がります。

 

 

 

銀の鬼 のネタバレ

くらくて怖いよ

おうちにかえりたいよ

でも・・・・

ママとけんかして

プチ家出の女の子ふぶき・・

 

土管の中で隠れていました。

 

その時人影を見かけます。

不備気に気付いた男は振り返ります。

頭にはつの

口は血だらけ・・

 

「誰じゃ!?

みたな・・・」

「おれがこわいかえ?

そう俺は鬼

人をさらって食う鬼さ

お前も食ってやろうかえ」

「だが今は食わない

お前が大きくなったらむかえに行く

まっておれ

かならずむかえにいくぞ」

その日からふぶきは口数が減り

別人のようになってしまった。

 

しかしときが経つにつれ

ふびきはそのことを忘れていました。

 

17歳になったふぶきは負けん気の強い

女の子になっていました。

 

その日までは普通に生活していました。

転校生が来るまでは・・・・・・・・

 

その転校生の名は近松善三

彼の目を見てふぶきは幼いころ

見た鬼を思い出してしまうのです。

 

さらに近松もふぶきのことを知っているらしく

迎えに来たと言い出します。

 

そしてふぶきは彼が鬼と確信するのでした。

 

くわしくは無料試し読みで!

銀の鬼

 

 

銀の鬼 の感想

面白いです。

鬼がかならずむかえにいくぞと勝手な

約束をもし、ふぶきが思い出さなかったら

間抜けですよね。

小さいころの記憶なんてあてにならないもんですよね。

夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人を

さらって殺して食べる姿を見てしまう。

鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、

担任である島影十年(しまかげとね)に

淡い恋心を抱き、

長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。

すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…

千年の孤独と過去を抱える鬼と、

少女と猫の不思議な絆を描く、

禁断の恋愛ファンタジー!

その後のお話へと繋がります。

 

 

 

銀の鬼 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

銀の鬼 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら銀の鬼 をお試しください♪

 

 

 

 

銀の鬼を読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時17銀の鬼作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-7-5_22-19-36_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-6-23_21-52-19_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2016-9-2_0-0-50_No-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-7-2_6-7-19_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-11_21-0-57_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2017-3-2_12-12-48_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント