スマホで読む、昭和元禄落語心中のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

snapcrab_noname_2016-10-3_15-49-24_no-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

昭和元禄落語心中 です。

 

ITANに掲載されていた

雲田はるこさんの作品です。

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

 

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

 

昭和元禄落語心中

 

 

昭和元禄落語心中 のあらすじ

満期で出所の模範囚。

 

だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。

娑婆に放たれ向かった先は、

人生うずまく町の寄席。

 

昭和最後の大名人・八雲(やくも)が

ムショで演った「死神」が忘れられず、

生きる道は噺家と心に決めておりました。

 

弟子など取らぬ八雲師匠。

惚れて泣きつく与太郎やいかに……!?

昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、

いざ幕開け!!

 

 

 

昭和元禄落語心中 のネタバレ

 

おっちゃん

いまかかってんの

「死神」だね

 

模範囚で与太郎は刑期が満期になり

今日出所します。

 

「引き取り人がいねぁんだな?

家族もなくっちゃ

行くとこもねぇだろ」

と看守が聞くと

与太郎は

「あるよ

寄席へ行くんだ

大先生のとこヘな!」

と八雲師匠のところへ向かいます。

 

師匠の運転手の話によると

八雲師匠は弟子は取らない主義だそうで

「なんだいそれー

おいらの予定狂っちまうべ

この先どうしたらいーんだよ」

 

そこへ八雲師匠がやってきて

 

「オイラ落語が大好きなんだ

もう弟子になるしか道がねえだろう」

 

何とか弟子になった与太郎でした。

 

これより先は無料試し読みで!

昭和元禄落語心中

 

 

昭和元禄落語心中 の感想

やばいです

どんどんストーリーに引き込まれて

しまいまいした。

 

やばいです。このままでははまりすぎて

抜け出せないです。

 

落語の世界に興味が出ました。

満期で出所の模範囚。

 

だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。

娑婆に放たれ向かった先は、

人生うずまく町の寄席。

 

昭和最後の大名人・八雲(やくも)が

ムショで演った「死神」が忘れられず、

生きる道は噺家と心に決めておりました。

弟子など取らぬ八雲師匠。

 

惚れて泣きつく与太郎やいかに……!?

昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、

いざ幕開け!!

 

 

 

 

昭和元禄落語心中 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

昭和元禄落語心中 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら昭和元禄落語心中 をお試しください♪

 

 

 

 

昭和元禄落語心中を読むなら「まんが王国」

「まんが王国」は今年で10周年を迎えた

国内最大級電子コミックサイト!

 

無料まんが常時17昭和元禄落語心中作品以上ご用意!

会員登録しなくても無料で試し読みが、たっぷり

できます。

 

大画面に最適な1ページずつ読む巻売りと

小さい画面にも最適な1コマずつ読むコマ売り。

お好きな読み方を選択できます。
最新作から名作までジャンルも豊富!

きっとアナタの読みたいマンガが見つかる★

ストリーミング形式だからダウンロード時間を

待つことなくすぐにコミックが読めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-8-18_23-45-47_No-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-7-3_21-54-46_No-00
  3. snapcrab_noname_2016-10-9_22-43-4_no-00
  4. SnapCrab_NoName_2017-2-7_22-36-56_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-7-16_23-19-54_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント