スマホで読む、おったまじゃくし 1巻の感想、無料試し読みはこちらからおったまじゃくし 1巻

この記事は2分で読めます

snapcrab_noname_2016-9-28_10-56-18_no-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

 おったまじゃくし 1巻です。

 

突然会社を辞めた父に連れられ、

亡き母の生まれ故郷にやってきた

東京育ちの少年・実。

 

そこは、わずかな島民が暮らす離島だった――。

 

初めは島の生活に戸惑う実だったが、

今ではイサムという友達も得て、

充実した日々を過ごしていた。

 

そんなある日、半年に一度の本校生徒との

交流日が訪れ…!?

 

青く透き通った海を見て、生き生きと

生活している子供たち。

 

そんな島の少年たちが活躍する、

興奮と感動のコミック。

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

 

おったまじゃくし 1巻

おったまじゃくし 1巻 のネタバレ

「実たのむぞ」

その少年は汽車の席を確保しに走ります。

 

しかし美人3人が通ると

「ここ空いてるよ」

譲ってしまいます。

 

後から来た父と兄は座れませんでした。

 

これから3人が向かうのは

死んだ母さんの田舎です。

 

魚のにおいしかしないど田舎です。

「父さんが自分勝手すぎるんだ

突然会社辞めて死んだ母さんの田舎で

漁師になるなんて」

汽車を降り船に乗って島に到着しました。

待っていたのは母さんの親父さんです。

兄の信一は嫌な予感がしています。

「ピンポーン

大敷組の皆さん

船だまりに集まってください。

千鶴さんをかっさらって逃げた男と

その息子たちの顔みせがはじまるどー」

この先、実たち家族はどうなるのか・・・?
気になったら無料試し読みで!

おったまじゃくし 1巻

おったまじゃくし 1巻 の感想

ゆっくりとした展開になごみます。

 

おおらかで自由に生きる島での生活

は、素晴らしく感じます。

おったまじゃくし 1巻

突然会社を辞めた父に連れられ、

亡き母の生まれ故郷にやってきた

東京育ちの少年・実。

そこは、わずかな島民が暮らす離島だった――。

初めは島の生活に戸惑う実だったが、

今ではイサムという友達も得て、

充実した日々を過ごしていた。

そんなある日、半年に一度の本校生徒との

交流日が訪れ…!?

青く透き通った海を見て、生き生きと

生活している子供たち。

そんな島の少年たちが活躍する、

興奮と感動のコミック。
おったまじゃくし 1巻 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

おったまじゃくし 1巻 を楽しめます。

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

スマホをお持ちならおったまじゃくし 1巻 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

→おったまじゃくし 1巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. SnapCrab_NoName_2016-8-12_22-9-17_No-00
  2. snapcrab_noname_2016-10-11_9-33-17_no-00
  3. snapcrab_noname_2016-9-15_17-38-38_no-00
  4. SnapCrab_NoName_2016-8-28_23-49-22_No-00
  5. SnapCrab_NoName_2016-6-17_21-55-14_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2016-7-31_22-15-31_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント