スマホで読む、6000 ロクセン 1巻 のネタバレ、感想、無料試し読みはこちらから

この記事は2分で読めます

snapcrab_noname_2016-9-15_8-22-23_no-00

 

 

こんにちは!

今回紹介するのは

6000 ロクセン 1巻 です。

 

暗黒と狂気が支配する深海6000メートル。

フィリピン海の巨大深海プラント

「コフディース」。

 

日本企業と中国企業の思惑が複雑に入り組んだ

この施設で起こった、原因不明の作業員全滅の事故。

 

それから3年後、成り行きから事故調査メンバーの

一員となった門倉健吾が、海の底で見た光景は――!?

 

以下、ネタバレ情報が含まれますので、

自分で知りたい!

という方は以下のリンクから
無料試し読みをすることをお勧めします。

6000 ロクセン 1巻

 

6000 ロクセン 1巻 のネタバレ

201X年フィリピン海某所

「電気系統はあくまで

応急処置です」

「暗いので気を付けてください」

作業員に案内されるスーツ姿の

重役クラスの人たち

 

その部屋に入ると強烈なにおいに

みんな顔をしかめます。

 

しかしその中のリーダ的な人は

においを気にせず指揮をとります。

 

「ようし急げよ

あと3時間で日付が変わる

協定が発効されれば

この海域での作業は制限される

そうなればここも冬眠だ」

 

3年後・・・・・

 

その施設の再稼働に関わる仕事として

やってきた日本人、門倉健吾。

 

上司は健吾の前の会社を買収した

上海巨星造船の温強国である。
温強国に言わせると日本人は

自分たちの会社を買収され

しがみついている犬だそうだ。

 

健吾は仕事の内容について

知ることになる。

 

6000mの深海で3年ぶりに始動する

居住型深海施設「コフディース」

その準備状況を上に報告するのが

仕事です。

 

仕事内容を聞いて唖然としてしまう健吾

「深海6000mの施設・・・・

そんなところ、どうやって行くの・・?」

今回の仕事は健吾ともう一人

健吾の元上司でトップの営業マン

壇埼。

しかし今だ健吾たちは合流できない

のである。

 

自信満々の檀崎がいないと不安な健吾。

 

そのとき突然警報が鳴り

「下でけが人が

出たそうです。

ヘリで輸送する」

 

運ばれてきたその人をみて

驚く健吾

「檀崎さんっ!」

 

この先健吾に起こる事とは?
これより先は無料試し読みで!

6000 ロクセン 1巻

 

 

6000 ロクセン 1巻 の感想

程よいグロさで好きです。
舞台が深海と聞くだけでドキドキ

します。

息をするのも忘れるくらい

ストーリーに入り込みました。

この感想を書いている間もまだ

ドキドキしています。
000 ロクセン 1巻 です。

暗黒と狂気が支配する深海6000メートル。

フィリピン海の巨大深海プラント

「コフディース」。

日本企業と中国企業の思惑が複雑に入り組んだ

この施設で起こった、原因不明の作業員全滅の事故。

それから3年後、成り行きから事故調査メンバーの

一員となった門倉健吾が、海の底で見た光景は――!?

 

6000 ロクセン 1巻 の無料試し読み

スマホで持ち歩けばいつでも好きな時に

6000 ロクセン 1巻 を楽しめます。

 

空いた時間や移動中などちょっとした時間や

暇な時間にも楽しめるのが電子書籍の魅力。

 

スマホをお持ちなら6000 ロクセン 1巻 をお試しください♪

まずは無料試し読みから

6000 ロクセン 1巻

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. snapcrab_noname_2016-10-4_10-32-43_no-00
  2. SnapCrab_NoName_2016-8-3_13-38-21_No-00
  3. SnapCrab_NoName_2017-2-23_10-39-37_No-00
  4. snapcrab_noname_2016-9-22_12-12-59_no-00
  5. SnapCrab_NoName_2017-2-28_23-40-42_No-00
  6. SnapCrab_NoName_2017-2-12_23-26-14_No-00
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント